小野のつぶやき:追悼

4月4日、

シリアでサリン(化学兵器)が使用され、100人をこえる尊い命が犠牲になりました。

この中には、幼い子供も多く含まれています。遠くの国で起こったことだから、関心を持たない人もいると思います。

しかし、授業でも言ってきたように、「無関心は大きな罪」なのです。

確かに、私たちにはできることはありません。でも、「二度とこんなことあってはいけない」と心に刻み、彼らの死を忘れないことが大切なのです。

そして、日本にはサリンの後遺症で苦しんでいる人がいることを、覚えていて欲しいです。

平和が当たり前でなくなり、必死に追求しないと手に入らない時代は、それほど遠くないのかもしれませんね。

日本の平和は、若いみんなにかかっているんだよ。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA